スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄の背中

小学2年生の夏休み

8月の初め

社宅の裏口から出ると、深さ30センチの下水道があった。
うっかり足を滑らせて右足に怪我をした。

血もたいしたことがなくて、幼い私は驚きと痛さでそのまま御昼寝をしてしまった。

母が傷を見て

兄に、自転車で病院へ連れて行くように頼んだ。

その頃、兄は高校生

兄の背中は汗をかき、懸命に病院へと急いだ。
 
思わぬ深い傷で3針縫うことになった
泣いて痛がる私を押さえて、帰り道 まだ半べそをかく私に

兄がなにかと励ましてくれて

それから当分の間
毎日のように、兄に乗せてもらって病院通いをした。

あの時の兄の逞しい背中をいつまでも覚えている

でこぼこ道で揺れる度に
兄にしがみついた、あの背中を。

いまでも残る傷跡は、兄との思い出となっている。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ゆかりんさんも、いもうとちゃん♪(=▽=

いい思い出をおもちですね~♪


ティーの4歳違いの兄との思い出は、いつも・・
『兄ちゃんに置いてかれないようにしよう!』でした~(=v=)

学校が終わると、母に私のオモリを言いつけられるやんちゃな兄は、
近所の男の子達と山犬のいる山の木登りや、
岸壁での釣りや、秘密基地に、かんしゃく玉遊び・・

なんにせよ、幼い私を連れて行けない
(言いつけられても困る)ところで遊びたくって遊びたくって
いつもいかに抜け出すか、そわそわしておりましたっけ~(笑笑笑)

友達と2・3人でまめまめしくわたしのご機嫌をとり、おもちゃやお菓子を並べ

「よし、次はかくれんぼしよう!かぞえるぞ~♪1・2・3・・・・」

きゃ~きゃ~♪かくれていると、・・・(= =)いつのまにやら・・

やがて(> <)置いていかれたのがわかるという・・同じパターン!

「ぴぇ~~~ん!!!」

まったく、いっつもおんなじ手に、よくもま~私も・・笑笑笑♪

でも、そのまえの、みんなでちやほや遊んでくれるひと時がうれしくって、
なんどでも、やっておりましたね~vvv笑笑笑笑♪


こんにちは

ティ-さん
こんにちは

幼い頃の思い出って
鮮烈に残っていますよね~
最近のことは忘れるのにね~笑

夕食の時間なのに
いつまでも遊んでいると
兄が捜しに来てくれましたよね~

懐かしいです~
プロフィール

ゆかりん

Author:ゆかりん

最近の記事
カテゴリー
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。