スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念写真

昭和15年のお正月に写したと思われる写真を
大きく伸ばしてもらいました。

舅は、当時満州にいて
お正月なので、岡山に帰省した時に撮ったということでした。

下関で、家族全員の洋服を買いリュックに詰めて帰ってきたそうです。

両親、たくさんの兄弟
一番下が小学1年生、
舅は、長男で満州から毎月多額の送金をしていたそうです。

すぐ下の弟は、呉の学校からお正月休みで帰っていました。
その後、陸軍に入隊して南方の島で戦死しています。

太平洋戦争の開戦前
平和なお正月です

満州国は、日本の領土のように思い、敗戦など思いもよらなった舅は
血を吐く思いで引き揚げたそうです。

帰国してからは、満州での出来事を語ることはなかったそうです。

この写真に写っている人は8名

そして、いまも存命の人は3名

戦争がなかったら、今も元気に暮らしているだろうと想像する。

やはり若いままの姿が重なる。。。。

小さな家族の小さな幸せ

すべてのものを奪うのは、戦争という名の元。


スポンサーサイト
プロフィール

ゆかりん

Author:ゆかりん

最近の記事
カテゴリー
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。