スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まん丸で大きな瞳のメグは

一番の器量よし

3/27に写真を撮ったときには、気が付かずに

それから、目が開かなくなり
病院へ行き、抗生剤と角膜再生の目薬をさしていた。

昨日の診察では
眼科専門の動物病院へ行って下さいとのこと

今日は、朝から遠くの病院へ行くと
角膜潰瘍と診断された。

高齢なだけに回復には時間もかかりそう
目をこすったら、失明の恐れありで
24時間、ハ-ネスをはずないようにと言われた。
缶詰を手につけてなめさせて食事をし
今は、ただ眠るだけ。。

もっと早く気がついてあげればと

自分ばかり責めている。。

megu.jpg
スポンサーサイト

おんぶ

ラブは、我が家にやって来るとき

すぐに抱っこされて

車の後ろの座席に乗せました。

なのに走り始めると、すぐに膝の上にやってきて
帰り着くまでそのままでした。

今では、私の後ばかり追いかけて

お掃除の為に二階へ上がれば

傍にいたいよぅ

と、ワンワンと吼えます

とにかく一緒にいないとダメ

私が座れば、必ず隣でないダメ

あまりのくっつきように

おんぶしておこうかしら

なんて思います

あとばかり追いかけるので・・・笑

love.jpg

さくら

f0035323_12151940-2.jpg

桜は、華やかに咲く

寒さに耐えて、春を待ちわびて咲く

入学式に見上げた桜

喜びの桜

そして、潔く散っていく

この桜の散る頃を見ることもなく
片道だけの戦闘機や、回天に乗り

散っていった、若人

いくつ季節は流れても

消えることのない、若き血潮

時は、あのまま止まり

若き凛々しい姿の遺影が残る

涙、流さずにはいられない、心の叫びを秘めた遺書は

血の色を秘めて今も残る

桜よ、さくら

花びらは、鎮魂の色

散って行った、若き命を

今、愛しむ時

さくら、散る時・・・



ちょこ、4歳の春

うるう年に生まれた、ちょこは4歳になりました。

ラブとルルは、4年前の2月29日に我が家にやって来ました。
まさかルルのお腹にちょこがいるとは
思ってもみないことでした。

ただ、ルルを我が家で預かった時
なんとなくお腹が大きく感じました。

ルルにとって最後の子、ちょこは
生まれてからずっと一緒

母親としては、最高の喜びだと感じます。

メグは、ラブもルルもちょこでさえ、家来として認めることが出来なくて
ずいぶん吠え付いていました。

懐かしいです

すっかり年老いたメグは、もう毎日ウトウトと眠って暮らしています。

かけがえのない、子たちは

私の宝物とさえ思えます。。。



プロフィール

ゆかりん

Author:ゆかりん

最近の記事
カテゴリー
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。